抗アレルギー薬デスロラタジンについて

マスクをかけて咳する女性

花粉症などのアレルギーによく効く薬として、デスロラタジンという成分が注目を集めています。
デスロラタジンはヒスタミンの作用を阻害することで、様々なアレルギー症状を緩和してくれる抗アレルギー薬なのです。
ヒスタミンとは、もともと人間の体内で生成される物質で、異物から体を守る役目を担っています。
ところが何らかの原因でこの免疫機構であるヒスタミンが暴走し、必要以上に体内の防衛反応が出てしまうことがあります。
それこそがアレルギーであり、その症状は多岐にわたります。

例えば、花粉が飛び交う季節になると、くしゃみや鼻水、涙が止まらなくなる人が大勢います。
体内に入り込んだ花粉を異物とみなし、人間の免疫機構はこの異物を体外へ排出しようと動き出します。
これ以上花粉が入り込まないように鼻水を出して鼻腔を守り、くしゃみや涙によってできるだけ早く花粉成分を追い出そうとします。
正常な範囲であれば、体にとって良いことなのですが、こういったアレルギー反応が通常より強く出てしまう場合、生活や体に支障が出てしまいます。
こういった場合、抗アレルギー薬を使って症状を抑えることになります。
ヒスタミンは、ヒスタミンの受容体と呼ばれる物質と結合することで、その作用を開始します。
つまり暴走しているヒスタミンを無効化するためには、受容体をあらかじめ別の物質と結合させてしまえばよいのです。

そこで役立つのが、デスロラタジンという有効成分なのです。
効果的に受容体と結合し、ヒスタミンの暴走を阻害してアレルギー症状を抑えてくれる、非常に効果のある抗アレルギー薬です。
アレルギー症状で悩んでいる方は、医師に相談のうえで試してみると良いでしょう。

関連記事