抗アレルギー薬を使うならアレルゲン物質になる白身魚を避けよう

白身魚は青魚に比べると、比較的魚アレルギーが出にくいと言われていますが、白身魚でもIgE抗体の反応は変わらないので、アレルゲン物質として反応してしまう危険性はあります。
魚の主要アレルゲン物質は、魚の種類による構造の違いがほとんどないので、どの魚を食べても交差抗原性があります。
交差抗原性というのは、例えば卵であれば、ニワトリの卵とうずら卵は同じ卵類なので、どちらも同じようにアレルギー反応が起こる可能性がある、ということです。
この交差抗原性のせいで、魚アレルギーの人はほとんど全ての魚に対しても反応してしまいます。

ただし、白身魚のすり身などを使って加工したかまぼこや竹輪などは、アレルゲン物質となりにくいです。
食物アレルギーの原因は、食物に含まれているタンパク質が抗体と反応して起こるので、そのタンパク質が変化したためと考えられます。

魚アレルギーを引き起こすタンパク質は、パルブアルブミンというものです。
このタンパク質はほとんど全ての魚に含まれているので、注意が必要です。
魚アレルギーが出やすい種類としては、サケ、マグロ、イワシ、アジ、カレイ、タイ、タラ、ブリ、サバ、などです。

魚アレルギーの症状としては、じんましん、顔の赤み、目の赤み、まぶたの腫れ、咳や喘鳴、アナフィラキシー。
アトピー湿疹の悪化、などがあります。

抗アレルギー薬は炎症を鎮める作用がありますが、アレルゲンとなる魚を食べている場合には、症状の緩和にはほとんど力を発揮しません。
抗アレルギー薬はあくまで除去食を実行して、それでもなおかつ症状の改善が見られない場合に使うものだからです。
抗アレルギー薬さえ使えば治るという簡単な問題ではないということです。

関連記事