抗アレルギー薬は年代によって使い分けよう

マスクかけている女性

抗アレルギー薬による治療はアレルゲンによる炎症などの症状を抑えるものですが、花粉症の時期などには事前に服用しているとスギ花粉症の症状が出る前に対処することができるので、アレルギー反応を軽くすることが出来るのですが、抗アレルギー薬には多くの種類があるので治療する人の年代や仕事によって使い分けることが一般的です。

例えば子どもに対してはオレンジなどの風味のある飲みやすい抗アレルギー薬が多く処方されていて、甘い味が付いていることでおいしく飲むことができるので、薬の服用を嫌がったりしなくなります。
子供のアレルギーに関しては口の中で溶けるタイプのものがありますが、代替薬としてはシロップタイプのものがあり、これは食事に混ぜることができるので、ヨーグルトなどと一緒に飲ませることができます。
子どものアレルギーの治療は一般的には薬の服用を嫌がるので難しいのですが、薬の味が原因で拒否されている場合には代替薬としてストロベリー味のものや専用のゼリーに溶かして飲ませるなどの方法もあります。
抗アレルギー薬は眠気の副作用がありますが、子供が昼間に寝てしまうと夜の寝付きが悪くなるので、眠くなりにくい代替薬を処方してもらって、アレルギー治療をすることもできます。
子どもの場合はアレルギー性鼻炎や喘息の症状が多いのですが、成長すると免疫力が強くなるので喘息などの症状が出にくくなります。

抗アレルギー薬は喘息発作が起きてからでは効果がないのですが、毎日服用を続けることでアレルギー症状が起きにくくなるので喘息などの頻度を減らすことができます。
しかし最近では抗アレルギー薬ではなく、喘息に対して高い効果のある吸入薬が主流になっているので、喘息に関しては抗アレルギー薬が処方されることが少なくなっています。

関連記事