抗アレルギー薬の強さの違い

マスクをかけて咳する女の子

基本的に、抗アレルギー薬は副作用が非常に小さい薬であるということを知っておかなくてはいけません。
抗アレルギー薬はステロイド薬とは異なって身体全体のアレルギー反応を取り除く薬ではありません。
そのため、身体に対する負担を最小限に軽減させることが出来るものなのです。

アレルギーは、一般の人にとっては全く害のない物質に対して過度な免疫反応を引き起こすことによって発症します。
アレルギー反応の出方は多岐にわたっているので、実際にその症状が出てしまったときにはまずどのような原因でその症状が発症しているのかを確認しなくてはいけません。

そして、こうした症状が出たときには基本的に効果の強いステロイド薬を使うことが基本です。
ステロイド薬を服用すれば、身体に出ている全てのアレルギー反応を抑えることが出来るので、原因を特定した段階で迅速に治療することができます。
しかし、実はこうした薬を利用しなくても副作用が少ない薬で治療する方法があるのです。
それが、抗アレルギー薬という特殊な薬です。

抗アレルギー薬は、喘息患者のように一部分のアレルギー反応に対する症状を改善することができる効果を持っています。
一部分の症状だけを改善することが出来るのでわざわざ副作用の強い薬を使わなくても治療をすすめていくことが出来るメリットがあります。
炎症部分を抑えることによって喘息を軽くし、発作そのものを起きにくくするわけです。

もちろん、ある程度強い抗アレルギー薬を使うときには相応の副作用も生じます。
特に、消化器官や肝障害などで抗アレルギー薬を使うときには眠気や眩暈がするときがあるので注意が必要です。
その場合には、速やかに医師に相談して対処をしてもらわなくてはいけません。

関連記事