抗アレルギー薬の副作用に困ったら蜂蜜を使ってみる

マスクをかけて咳する女性

皮膚にかゆみを起こしたり、赤みを発生させたりするアレルギー性皮膚炎、そしてひどくなると鼻がムズムズしたり、呼吸がひどくなることもあるアレルギー性鼻炎など、様々なものに対して反応を起こすアレルギー性疾患。
症状が出ることもつらいですが、実は日常生活でも注意しなければならないことが増えてきますし、集中力が欠けたり、仕事に支障が出たりその他のことに影響を及ぼすことも少なくありません。
この疾患を持つ人は病院に行くと抗アレルギー薬を処方され、薬物治療をすることが基本となります。

アレルギーの原因となる物質を避けながら、症状が出たときのために抗アレルギー薬を内服するという生活を長く続けていかなくてはいけなくなります。
抗アレルギー薬もいくつかの種類がありますが、中には眠気が起こるものもあります。
その場合は、車の運転なども制約されることがあります。
そんな時には、なるべく薬物療法は控えて、できれば自分で免疫を高める方法や自分でアレルギーを抑えるような民間療法を試みようと考える人も少なくありません。

その中で古くから抗アレルギーの作用を持つといわれるのが、蜂蜜です。
蜂蜜は自然のものであり、店舗で販売をされているので、比較的手に入れやすい商品です。
蜂蜜の中にも天然の物、農場で生産されたものなどいろいろありますが、それをお湯で溶かして飲んだり、または大根をすりおろしたものと混ぜて少しずつ飲むことが効果があるといわれます。
薬物療法に代わって蜂蜜で症状を抑えることができたら、とてもいいことですよね。
薬物を体内に入れるよりも自然の蜂蜜を体に入れる方が、健康にも当然いいです。
また長期薬物療法なら体への影響も心配されますが、蜂蜜であれば心配はありませんね。

関連記事