抗アレルギー薬の作用機序と7品目の検査

抗アレルギー薬の作用機序に関しては、人間の体の免疫機能の過剰な反応を抑えるというもので、ヒスタミンの分泌を抑えることでアレルギーの症状を改善することができます。
抗アレルギー薬の作用機序は基本的にはヒスタミンの作用を除去することが重要視されているので、副作用としては眠気や集中力の欠如などの脳の働きに関するものが多くなるので、仕事などで細かい作業をしたり、自動車などの人の命に関わる乗り物に乗ることは禁じられていたのですが、第二世代の抗ヒスタミン剤が開発されてからは抗アレルギー薬の作用機序が変わったので眠気や集中力の欠如などの問題がなくなりました。
食物アレルギーが起きた場合には主要な7品目のパッチテストを行うことで原因物質を特定することができるのですが、卵によるアレルギーは卵黄と卵白、または加熱したものなどによって異なるので、通常のパッチテスト以外のアレルギー検査を行う必要があります。

7品目に含まれているのは世界的にも患者が多いとされているナッツや穀物、卵、乳製品などでこれらによる食物アレルギーを防ぐためには加工品などにこの7品目が含まれていないことを確認することが重要なので、日本の場合には必ず商品にアレルギー物質が表示されているので、加工された食品を食べる場合には必ず確認をしてから食べなければなりません。
卵の場合にはクッキーやケーキなどのスウィーツなどにも多く使われているので、クリームを使用しているものは食べることはできません。
誤って食べてしまった場合は症状によって対処の方法が異なりますが、腹痛などの場合には下痢などによって原因物質が排出されるまで安静にしておくことが必要となります。

関連記事